交通事故 [事例10]

むち打ちで120万円以上の増額に成功した事例

30代女性
主な症状損害賠償金
頚椎捻挫、腰椎捻挫 150万円→280万円

背景

Aさんが車両で信号待ちをしていたところ、後方からバスに追突された事故です。

症状固定後、保険会社から出された提示額について、適正な水準なのかAさんは疑問に思っていました。念のため弁護士事務所に相談してみようと思ったとのことで、当事務所にご相談いただきました。

対応

傷害慰謝料と後遺症慰謝料が争点の柱だと見込まれる案件であったので、増額・減額事由にあたるであろう事情を面談時から丁寧にお伺いしました。

従前からの通院、治療状況に関する事情のほか、普段の仕事や日常生活に、具体的にどのような支障が生じているのかを中心に保険会社に伝え、交渉を行っていきました。

身体へ加わった衝撃の大きさと発症している症状を具体的に主張して、保険会社に譲歩を迫りました。

結果

保険会社からの提示内容は、保険会社の内部基準を前提とされており、自賠責保険分と同程度の水準でした。
こちらを裁判基準に近い金額まで引き上げるよう交渉したところ、ほぼこちらの要求が通りました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-501-343 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-501-343
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ