債務整理

自己破産後にクレジットカード作成はできる?

「自己破産をするとクレジットカードを使えなくなる」
「自己破産後はブラックリストに載ってクレジットカードを作れなくなる」
こういった話を実際に聞いたことがある方は多いと思います。

借金で困って自己破産を考えていても、「クレジットカードを使えなくなると困るなぁ…」と思って二の足を踏んでいる方もいるかもしれません。

ここでは、自己破産後のクレジットカードの扱いについて解説していきます。

クレジットカードのことが気になって自己破産を躊躇っているという方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

1.自己破産とクレジットカードの関係

まずは、自己破産手続とクレジットカード(クレカ)との関係について解説していきます。

自己破産手続とは、簡単に言うと「自分の所持している一定以上の財産をお金に換えて債権者へ弁済した上で、残りの借金の支払い義務を免除してもらう手続き」です。

自己破産は、弁護士に依頼をして、裁判所に申立てを行うところから手続きが始まります。

自己破産を弁護士に依頼すると、弁護士は各債権者に「この人は債務整理をするので、以降の連絡は代理人である私(弁護士)にしてください」という意味での「受任通知」を送付します。

また、債務者が自己破産できる条件を満たしており、破産手続が開始されると、裁判所からも各債権者に「あなたの債務者が自己破産をしますよ」という通知が行きます。

さて、債権者であるカード会社は、貸した金を返してくれない債務者とこれ以上契約を維持し続けても良いことはありません。
従って、カード会社は債務者とのカード契約を解除してしまいます。

こういった理由から、自己破産手続が始まると(弁護士に自己破産手続の依頼をしたときから)今持っているクレジットカードが使えなくなってしまうのです。

また、自己破産をすると、債権者であるカード会社や銀行、貸金業者などは、その情報を「信用情報機関」というところに登録します。
信用情報機関には、様々なカード会社や貸金業者、銀行などが加盟しています。

もし、誰かがカード会社に新しくクレカの作成を申し込んだ場合、カード会社は審査のために信用情報機関へ情報の照会を行います。

そして、その人の自己破産の情報が見つかった場合、カード会社は「この人は過去に自己破産をしているから、返済能力に問題がありそうだ」「この人にカードを使わせたら、貸したお金を返してもらえないかもしれない」と判断します。

その結果、審査に落ちてしまい、カードを発行してもらえなくなるのです。

このように、「信用情報機関に自己破産などの債務整理の情報が登録されているせいでカードやローンの審査に落ちる状態」のことを「ブラックリスト入りする」「ブラックリストに載っている」などと表現します。

[参考記事]

自己破産により掲載されるブラックリストについて

信用情報機関の情報は5~10年保存されるので、その間にクレカを作ろうとしても基本的に審査に落ちてしまいます。

よって、「自己破産をするとクレジットカードを使えなくなる」「自己破産後はクレジットカードを作れなくなる」という話は事実であると言えます。

2.使っていないクレジットカードはどうなる?

弁護士が受任通知を送ったり、裁判所が通知を送ったりするのは「現在債務がある債権者」に対してのみです。

過去に作成したきり一度も使っていないクレジットカードや、長らく使用しておらず借り入れもしていないクレジットカードの会社にはそのような通知は届きません。

こう聞くと「では、使っていないクレジットカードは自己破産後も問題なく使えるのでは?」と思う方がいらっしゃるでしょう。

しかし、現在使っていないクレジットカードでも、カード会社は「利用中に問題は発生していないか?」ということを確かめるために、途上与信を行います。

途上与信の頻度や時期についてはカード会社により様々ですが、この途中審査の際に自己破産の事実が発覚すれば、自己破産の対象としなかったクレジットカードについても解約をされてしまうでしょう。

よって、現在使っていないクレジットカードも含め、自己破産後はじきに全てのカードが使えなくなると認識しておくべきです。

3.自己破産後にクレジットカードを作るには

自己破産から5~10年経過すれば信用情報機関から情報が抹消されるため、クレジットカードを作れるようになります。

原則として、この期間の経過を待つ以外に自己破産後にカードを作る方法は存在しないでしょう。

また、一定の期間が経過した後でも、審査がある程度厳しくなることは避けられません。

自己破産後にクレジットカードを作成する(審査を受ける)際には、以下の点に気をつけましょう。
(※もちろん、カードを使いすぎて再び借金生活に戻らないように十分注意しましょう。)

(1) 過去に申し込んだことのないカード会社に申し込む

自己破産から5~10年経過しても、カードの審査に落ちることはあります。
特に「自己破産のときに整理対象にしたカード会社」に申し込んだときは、何年経とうが高確率で落ちてしまいます。

なぜならば、自己破産したときの情報がカード会社の内部に保存されているためです(社内ブラック)。

信用情報機関から情報が抹消されても社内に情報があるため、そちらを参照されると審査に落ちてしまうのです。

自己破産後にクレカを持ちたければ、過去に使ったことのないカード会社に申し込むと良いでしょう。

(2) 1度に複数のカード会社に申し込まない

クレカを申し込むときは、1度に1つの会社にのみ申し込むことをお勧めします。

実は、申し込みの情報も信用情報機関に登録されます。
短期間に複数回申し込んだ場合、「こんなにカードを作りたいなんて、お金に困っているのか?」「お金に困っている人にカードを発行すると、貸したお金を返してもらえないかもしれない」と思われて、審査に落とされてしまう可能性があります。

まずは1社に申し込み、審査に通れば他の会社にはしばらく申し込みをせず、審査に落ちた場合は他の会社に申し込むまで数ヶ月程度空けることをおすすめします。

【ブラックリスト期間中でもデビットカードは作成可能】
自己破産から5~10年経過すればクレカを作れるようになりますが、問題はクレカを持てない期間をどう乗り切るかです。この期間を乗り切るために、「デビットカード」を利用するという方法があります。

デビットカードとは、利用した額が即座に口座から引き落とされるカードです。クレカと違って口座残高以上の買い物はできません。
デビットカードは、基本的に発行時の審査がありません(一部例外もあります)。
ほとんどの場合はクレカと同じように使えるので、そういった面からも利用しやすいでしょう。

4.自己破産に不安がある方は弁護士へ相談を

自己破産をすると、確かに一定期間クレジットカードを持てなくなりますが、それは永久のものではありません。

「自己破産をするとクレカを使えなくなるから…」と自己破産をためらっていると、いつまでも借金問題が解決しません。
先延ばしにすればするほど利子が増え、取り立ては厳しくなり、日々の生活も苦しくなってしまいます。

「クレカ」にこだわって生活が破綻しては元も子もありません。
借金問題に詳しい弁護士に相談すれば最適な解決方法をアドバイスしてくれるので、できるだけ早く弁護士に相談し、借金問題を解決しましょう。

墨田区、台東区、葛飾区、総武線・中央線・半蔵門線沿線にお住まい、お勤めの方は、泉総合法律事務所錦糸町支店の弁護士にぜひ一度ご相談ください。

無料相談受付中! Tel: 0120-501-343 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-501-343
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ