刑事事件 [事例8]

男性器を露出し通報され、公然わいせつで書類送検→不起訴

20代男性
罪名結果
公然わいせつ 不起訴

背景

自分の男性器を外で露出してしまったAさんは、目撃者に通報されて警察から事情聴取を受けました。

その後、Aさんからご相談があり、弁護を引き受けることになりました。Aさんのご依頼は、前科が付かないようにしてほしいというものでした。

対応

この事件では未成年者の目撃者がいたため、担当検察官に連絡し、弁護士限りでその親御さんの連絡先を教えてもらいました。それからすぐに被害者の親御さんと会って示談交渉を行いました。

親御さんは強い不安を感じており、示談に難色を示していましたが、Aさんが引っ越すことなどの条項を提示したところ、一定の理解を示してくれ、最終的に示談金で示談を成立させることができました。

また、Aさんが再び同じような犯行を行ってしまわないように、性嗜好障害の治療を受けていただき、その診断書を取得しました。

結果

示談書等を担当検察官に送付してしばらくした後、不起訴処分となりました。

今回のように公然わいせつの事件の場合は、目撃者がいた場合であっても、その目撃者が被害者となるわけではないため、示談ができてもそのことだけで不起訴処分にならないことが多いです。

今回は、Aさんに性嗜好障害の治療を受けていただくなどプラスアルファの活動を行うことができましたので、無事に不起訴処分となりました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-501-343 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-501-343
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ